身体のバランス整える気ジェルバランス - アレルギー(アトピー)・頭皮に優しい神戸の美容室

神戸のGON美容室 》 敏感派だやアトピーの方に優しいパーマ

身体のバランス整える気ジェルバランスα

気ジェルバランスαとは?

超高エネルギー + 超抗酸化力   =     相乗効果
 (気ジェル)    (バランスα)    ダブルバランス製品完成

自然治癒力を最大限に高める気ジェルと抗酸化力の強い『バランスα』の相乗効果により、よりパワーUPされたダブルバランス製品『気ジェルバランスα』

気ジェルバランスα

●価格
気ジェルバランスα 100ml      1,570円(税込
300ml(お得用) 4,200円(税込)

●原材料
波動水・天然増粘多糖類(キサンタンガム)・米ぬか
・胚芽・ビワ種・ビワ葉

気が病むと→病気。元に戻ると→元気になります!

気ジェルバランスαは、私たちの生活の中で次々発生する喜怒哀楽による様々な波動を常に正しい※波動に修整してくれるすばらしい製品です!!

あれには効果が期待できるが、これにはダメ!と言ったものと大きく違い、ありとあらゆる物に驚異的な結果をもたらすオールマイティ製品です。

時代の先端を行く波動による信じられないような効能効果を体験し、健康になってください。

昔から、医食同源と言います。私たちの周囲は悪い波動の環境で 満ち溢れ、食べ物も同様に波動のほうが悪いように思います。

身体に良くないとは知りながらも毎日摂取せざるをえない生活環境では、間違いなく氣の波動が低下し、肉体的・精神的な気(波動)のバランスが食べ物や電磁波の影響、ストレス・排気ガスで健康な生活を送りにくくなっております。

そして、当店のように美を提供する美容室では、“薬品の発する有害揮発物質を絶えず吸いこみ、また手で直接薬品を常時、触れたりしております。
当然のことながら、手からも身体に吸収され、また呼吸によっても身体に吸収されてしまいます。

女性の美容師が婦人科の病気になり健康を害するのはここにあります。

お客さまの健康を守るよう、日々研究を重ね努力するということは 他ならぬ自分の体をも守るということになります

GON美容室では、オーナーがアトピーで通常のオシャレ(カラーやパーマ)ができません

美を提供する人間がオシャレが出来ないというのもヘン?なので、様々な試行錯誤の上、多種多様な安全な添加剤を薬品に入れ込み、薬剤の悪影響から身を守るべく開発されました。

当店では、パーマ、カラー、縮毛矯正などの全てのメニューに気ジェルバランスαを添加させて頂いてます。気ジェルバランスαを添加することにより、カラーやパーマ液の悪い波動を修正します。

波動について詳しくはこちら 》

気ジェルバランスαに含まれる増粘多糖類とは?

私達がコンビニやスーパーでいろんな食品を購入するときに、ラベルを見ると思います。そこには、色々な添加物が並んでいます。増粘多糖類も色々な食品や化粧品などで見ることがあります。では 増粘多糖類とは?

では、ここで食品添加物の分類の考え方を確認しておきましょう!!

(1)天然の物「天然由来の物質で、植物の種子、樹液、海草、
   微生物より抽出」

(2)合成のもの「科学的に合成されたもの」

■簡単な分類
(A):自然界にないもので、科学的に作りだした物「サッカリンナトリウム等」
(B):自然界にあるもので、科学的に作り出した物「ビタミンC等」
(C):自然界にあるものを、そのまま取り入れた物「ペクチン。キサンタンガム等」
(D):本来食品であるものが、添加物的に使われた物「エタノール(柿の渋ぬき)等」

ジェルバランスαに含まれる増粘多糖類は上記の(1)と(C)に該当します。
自然界のものを取り入れた天然のものです。

■バランスαとは?

商品開発コンセプト
★年齢・体質・状態を問わないバランス飲料

主原料のお米は私たちにとって最もバランスのよい主食です。
現在、お米は殆どが白米で食べられており、結果的にお米の栄養素を有効に摂取していません。

私たちは、この貴重な米ぬか、胚芽を有用微生物の力を借りた誰にでも何時でも摂取できるよう飲料水の研究開発を行って参りました。

そして、成分を安定させる為の糖質やアルコ−ル、クエン酸等を一切使用せず長期熟成安定により誰にでも摂取できる飲料水が誕生しました。

突出した甘味、酸味、苦味を持たない製品にいいたしました。

そのまま飲むに良し、他の食品や飲料と一緒に飲んでも良し、何時でも何処でも摂取でき、継続的に飽きのこない飲料水を追及いたしました

●製 法
有用微生物連動製法 厳選素材の持つ有効成分を180日間の期間をかけて、乳酸菌・酵母・光合成微生物の連動作用により高次に活性化したバランスの撮れた熟成飲料を抽出することに成功いたしました。

この製法は土壌微生物と共存し培われた農業技術から誕生しました。即ち太陽(光)・水・土・微生物の関わりを基本原理とする製法です。

●遠州竹炭波動製法
遠州竹炭が有する竹炭波動・マイナスイオン・遠赤外線作用などを利用しています。

工場地の竹短埋設をはじめ、製造工程の随所に使用されており発酵熟成の主役である有用微生物の活性化を高め、バランスを整える重要な役割をになってります。

そして、熟成されたバランスは竹炭製造過程に再び利用され、遠州竹炭の高い品質をささえています。

・バランスα 主な有用微生物

●乳 酸 菌
酵母はお酒やパン製造など様々な用途に用いられ一般的に良く知られています。

酵母は持ち前の発酵力を生かしアミノ酸や糖類、また乳酸菌により可溶化され た有機物を低分子化すると共に有効な物質を生合成します。

●光合成微生物
光合成微生物は21世紀に向け最も注目されている微生物です。
従来農業生産、水質改善などの分野で利用されてきましたが近年、食品製造への応用や水素を発生する(分類により異なる)ことに注目した電気エネルギー生産(水素エネルギー)の実用化に向け研究が急速に進んでいます。

光合成は植物が太陽光線を利用して大気中の二酸化炭素を固定し、有機化合物を合成すると同時に酸素を発生することで一般認識されています。

光合成微生物は分類また環境により異なりますが太陽光線を利用し有機化合物を合成することが可能な省エネ型微生物と言えます。

乳酸菌・酵母などとの連動活性技術により安定した飲料製造が可能になりました。

山岡正敏院長当初、気ジェルという名称で波動研究家であり神戸市東灘区に波動治療院(内外治療院)を開業されている山岡正敏院長が約15年間の歳月をかけ研究開発された高波動ジェルです。

今までは主に治療に来院される患者さんを対象にした商品でした。

この気ジェルは非常に評判がよく、外部の各業者より商品の取り扱い依頼が殺到したそうです。山岡院長の考え方は多くの人に良い物を安く提供することが本意ということで全てお断りになったという事です。

よき波動を発すれば、必ずや良き波動が返ってくるといわれますが、この度、縁あって抗酸化力の強い食養補助飲料として高評価を得ているバランスαとのドッキングを図ることができました。

これにより気(波動)的には、今までの気ジェルの20倍以上の高まりになると、山岡院長は言われております。西の横綱と東の横綱が一緒になったようなこの気ジェルバランスαを皆様にご紹介したいと思います。

●増粘多糖類

増粘多糖類は文字通り「糖」(ぶとう糖)がたくさんつながっているもので、でんぷんやセルロースも多糖類に含まれます。この中でも、水分と親和性があって、ゲルを作るようなものを「増粘多糖類」といいます。

増粘多糖類も色々な食品や化粧品などで見かけることが出来ます。

増粘多糖類のほとんどは天然に存在する増粘安定効果(とろみや粘りをつける)のある糖類で海藻、植物が原料の自然界にある天然のものです。

「気ジェルバランスα」の増粘多糖類の中身の物質は【キサンタンガム】です。使用量は1ボトル全容量に対し0.3%使用。

【「キサンタンガム」とはどういう物質か?】

キャベツの中にいる微生物(キサントモナス菌、キャンペストリス菌)の液体発酵により得られる好気的な多糖類で増粘、乳化、保水などで多くの目的で使用されています。

そして佃煮類の保水性、味噌類の年度の増大等に利用されていて、また、キサンタンガムは塩分、酸性域、加熱、耐発酵性など非常に優れた特徴を持っているほか、他の増粘多糖類と比較しても素晴らしい安全性がある為に様々な用途で使用されている。

超高エネルギー + 超抗酸化力   =     相乗効果
 (気ジェル)      (バランスα)    ダブルバランス製品完成

自然治癒力を最大限に高める気ジェルと抗酸化力の強い『バランスα』
相乗効果により、よりパワーUPされた
                 ダブルバランス製品『気ジェルバランスα』

【価格】
気ジェルバランスα 100ml      1,500円(税込)
             300ml(お得用) 4,000円(税込)

【原材料】
波動水・天然増粘多糖類(キサンタンガム)・米ぬか
・胚芽・ビワ種・ビワ葉

■気が病むと→病気。元に戻ると→元気になります!

気ジェルバランスαは、私たちの生活の中で次々発生する喜怒哀楽による様々な波動を常に正しい※波動に修整してくれるすばらしい製品です!!
あれには効果が期待できるが、これにはダメ!と言ったものと大きく違い、ありとあらゆる物に驚異的な結果をもたらすオールマイティ製品です。
時代の先端を行く波動による信じられないような効能効果を体験し、健康になってください。

昔から、医食同源と言います。私たちの周囲は悪い波動の環境で 満ち溢れ、食べ物も同様に波動のほうが悪いように思います。

身体に良くないとは知りながらも毎日摂取せざるをえない生活環境では、間違いなく氣の波動が低下し、肉体的・精神的な気(波動)のバランスが食べ物や電磁波の影響、ストレス・排気ガスで健康な生活を送りにくくなっております。

そして、当店のように美を提供する美容室では、“薬品の発する有害揮発物質を絶えず吸いこみ、また手で直接薬品を常時、触れたりしております。

当然のことながら、手からも身体に吸収され、また呼吸によっても身体に吸収されてしまいます。
女性の美容師が婦人科の病気になり健康を害するのはここにあります。

お客さまの健康を守るよう、日々研究を重ね努力するということは 他ならぬ自分の体をも守るということになります。

GON美容室では、オーナーがアトピーで通常のオシャレ(カラーやパーマ)ができません。

美を提供する人間がオシャレが出来ないというのもヘン?なので、様々な試行錯誤の上、多種多様な安全な添加剤を薬品に入れ込み、薬剤の悪影響から身を守るべく開発されました。

当店では、パーマ、カラー、縮毛矯正などの全てのメニューに気ジェルバランスαを添加させて頂いてます。気ジェルバランスαを添加することにより、カラーやパーマ液の悪い波動を修正します。

※波動について詳しくはこちら

■気ジェルバランスαに含まれる増粘多糖類とは?

私達がコンビニやスーパーでいろんな食品を購入するときに、ラベルを見ると思います。そこには、色々な添加物が並んでいます。増粘多糖類も色々な食品や化粧品などで見ることがあります。では 増粘多糖類とは?

では、ここで食品添加物の分類の考え方を確認しておきましょう!!

(1)天然の物「天然由来の物質で、植物の種子、樹液、海草、
   微生物より抽出」

(2)合成のもの「科学的に合成されたもの」

簡単な分類
(A):自然界にないもので、科学的に作りだした物「サッカリンナトリウム等」
(B):自然界にあるもので、科学的に作り出した物「ビタミンC等」
(C):自然界にあるものを、そのまま取り入れた物「ペクチン。キサンタンガム等」
(D):本来食品であるものが、添加物的に使われた物「エタノール(柿の渋ぬき)等」

気ジェルバランスαに含まれる増粘多糖類は上記の(1)と(C)に該当します。
自然界のものを取り入れた天然のものです。

■バランスαとは?

商品開発コンセプト
 ★年齢・体質・状態を問わないバランス飲料

主原料のお米は私たちにとって最もバランスのよい主食です。
現在、お米は殆どが白米で食べられており、結果的にお米の栄養素を有効に摂取していません。

私たちは、この貴重な米ぬか、胚芽を有用微生物の力を借りた誰にでも何時でも摂取できるよう飲料水の研究開発を行って参りました。

そして、成分を安定させる為の糖質やアルコ−ル、クエン酸等を一切使用せず長期熟成安定により誰にでも摂取できる飲料水が誕生しました。

突出した甘味、酸味、苦味を持たない製品にいいたしました。

そのまま飲むに良し、他の食品や飲料と一緒に飲んでも良し、何時でも何処でも摂取でき、継続的に飽きのこない飲料水を追及いたしました。

●製 法
有用微生物連動製法 厳選素材の持つ有効成分を180日間の期間をかけて、乳酸菌・酵母・光合成微生物の連動作用により高次に活性化したバランスの撮れた熟成飲料を抽出することに成功いたしました。

この製法は土壌微生物と共存し培われた農業技術から誕生しました。
即ち太陽(光)・水・土・微生物の関わりを基本原理とする製法です。


●遠州竹炭波動製法

遠州竹炭が有する竹炭波動・マイナスイオン・遠赤外線作用などを利用しています。

工場地の竹短埋設をはじめ、製造工程の随所に使用されており発酵熟成の主役である有用微生物の活性化を高め、バランスを整える重要な役割をになってります。

そして、熟成されたバランスは竹炭製造過程に再び利用され、遠州竹炭の高い品質をささえています。

・バランスα 主な有用微生物

●乳 酸 菌

乳酸菌は古くから乳酸飲料のヨーグルトなどで一般的に良く知られています。
乳酸菌は原材料のもつ糖類などを基質に乳酸を作り出します。
またタンパク質をアミノ酸まで分解すると同時に難分解性の繊維質を可溶化する事で未分解有機物の起こす様々な弊害を取り除き、原材料を発酵させるために重要な働きをします。

●酵  母
酵母はお酒やパン製造など様々な用途に用いられ一般的に良く知られています。
酵母は持ち前の発酵力を生かしアミノ酸や糖類、また乳酸菌により可溶化され た有機物を低分子化すると共に有効な物質を生合成します。

●光合成微生物

光合成微生物は21世紀に向け最も注目されている微生物です。

従来農業生産、水質改善などの分野で利用されてきましたが近年、食品製造への応用や水素を発生する(分類により異なる)ことに注目した電気エネルギー生産(水素エネルギー)の実用化に向け研究が急速に進んでいます。

光合成は植物が太陽光線を利用して大気中の二酸化炭素を固定し、有機化合物を合成すると同時に酸素を発生することで一般認識されています。

光合成微生物は分類また環境により異なりますが太陽光線を利用し有機化合物を合成することが可能な省エネ型微生物と言えます。

乳酸菌・酵母などとの連動活性技術により安定した飲料製造が可能になりました。
山岡正敏院長当初、気ジェルという名称で波動研究家であり神戸市東灘区に波動治療院(内外治療院)を開業されている山岡正敏院長が約15年間の歳月をかけ研究開発された高波動ジェルです。

今までは主に治療に来院される患者さんを対象にした商品でした。

この気ジェルは非常に評判がよく、外部の各業者より商品の取り扱い依頼が殺到したそうです。山岡院長の考え方は多くの人に良い物を安く提供することが本意ということで全てお断りになったという事です。

よき波動を発すれば、必ずや良き波動が返ってくるといわれますが、この度、縁あって抗酸化力の強い食養補助飲料として高評価を得ているバランスαとのドッキングを図ることができました。

これにより気(波動)的には、今までの気ジェルの20倍以上の高まりになると、山岡院長は言われております。西の横綱と東の横綱が一緒になったようなこの気ジェルバランスαを皆様にご紹介したいと思います。

●増粘多糖類
増粘多糖類は文字通り「糖」(ぶとう糖)がたくさんつながっているもので、でんぷんやセルロースも多糖類に含まれます。この中でも、水分と親和性があって、ゲルを作るようなものを「増粘多糖類」といいます。

増粘多糖類も色々な食品や化粧品などで見かけることが出来ます。

増粘多糖類のほとんどは天然に存在する増粘安定効果(とろみや粘りをつける)のある糖類で海藻、植物が原料の自然界にある天然のものです。

「気ジェルバランスα」の増粘多糖類の中身の物質は【キサンタンガム】です。
使用量は1ボトル全容量に対し0.3%使用。

【「キサンタンガム」とはどういう物質か?】
キャベツの中にいる微生物(キサントモナス菌、キャンペストリス菌)の液体発酵により得られる好気的な多糖類で増粘、乳化、保水などで多くの目的で使用されています。

そして佃煮類の保水性、味噌類の年度の増大等に利用されていて、また、キサンタンガムは塩分、酸性域、加熱、耐発酵性など非常に優れた特徴を持っているほか、他の増粘多糖類と比較しても素晴らしい安全性がある為に様々な用途で使用されている。


■気ジェルバランスαのお召し上がり方

基本ベースはコップ一杯の水に4〜5滴入れて飲む。(目安:1日3〜5回)
水があまり飲めない方は、さかずき程度の水で結構です。

直接原液をそのままお召し上がりになっても全く問題はありません。


■気ジェルバランスαの活用法

・食べ物・飲み物関係

◆ご飯を炊くとき
5滴ほど落として炊いてみてください。古米も”モチモチ”美味しくなります。
味噌汁・吸い物・煮物類 5滴ほど入れてください。化学調味料と異なり、味はまろやか健康維持の料理として最高です。

◆コーヒー・紅茶類
インスタントのコーヒーや紅茶が1〜3滴入れることによって喫茶店のコーヒーや紅茶より美味しくなります。

◆乳酸飲料類
1〜2滴入れると、まろやかな味に変わり美味しさが実感できます。

◆日本茶・烏龍茶類
煎茶・ほうじ茶・抹茶・烏龍茶等には1〜2適入れるとさらに美味しく飲めます。

◆アルコール飲料類
日本酒・焼酎・洋酒・ビール等、2〜3滴で見事にランクアップ。さらに翌日に残りません。悪酔いも少なくなります。飲み過ぎに注意!

・ヘルス関係

◆「風邪かな」と思ったら
喉がイガイガしてきたら1時間おきにに4〜5滴を150ccの水に入れて、喉が十分潤うように飲む。

◆口内炎の場合
原液を薄めずに口に含んで炎症部分にやさしく包むように転がす。
痛みが消えて早く回復します。

◆歯磨きのとき
歯磨き粉に1滴落として磨くと口の中が爽やかでいやな口臭が消滅。

◆入れ歯の手入れ
入れ歯が浸かる水(水道水以外の体によい水)に4〜5滴落とす。翌朝には爽やかで快適!

◆歯痛の場合
口中に3〜5滴、痛い側に含む。痛い側のほっぺに塗っては乾きを反復。
痛いときは痛いところへが原則。

◆疲れ目の場合
目の周りに塗り、さらにコットンにジェルを浸して目に載せ、落ちないようにテーピングして寝る。

◆涙目の場合
ジェルを1時間おき位に100ccの水に入れて飲む。
ガーゼに浸して目の上に載せて休む。

◆コンタクトレンズ使用の人
コンタクトを浸す水の中に2〜3滴入れておく。はっきりよく見えるようになる。

◆メガネの清掃
ジェルを付けて拭くとスッキリ・バッチリ視界が明瞭になり、目の疲労を軽減減少する。

◆肩こり・頚椎痛(くび)
疲労が原因の場合、1時間おきに3〜5滴飲む。痛いところに塗り、乾いたらまた塗るを繰り返す。

◆精神不安定時
イライラ・ドキドキ不安定なとき、30分〜1時間おきに4〜5滴飲む。気になる箇所に繰り返し塗る。

◆火傷・怪我・虫さされ
原液を直接繰り返し塗る

◆打撲・捻挫・骨折
原液を直接繰り返し塗る

◆アレルギー性疾患
食べ物(繊維質の多いものが好ましい)・飲み物全てにジェルを添加し、1〜3時間ごとに3〜4滴飲む。

◆アトピー性疾患
食べ物(繊維質の多いものが好ましい)・飲み物全てにジェルを添加し、1〜2時間ごとに3〜5滴飲む。気になる箇所に繰り返し塗る。

◆不眠症等
ジェル入りのお風呂に入る。1時間おきに4〜5滴飲む。首全体と足の裏にたっぷり塗って休む。

◆水虫の処置
患部は常に清潔にし、コットン靴下を着用する。風呂上りにたっぷり塗る。

◆マッサージ関係
マッサージ・リンパマッサージ・エステの時、ピーリング液やオイルに混ぜたりジェルのみでも。気持ちよく快適!

◆ふくらはぎ(こむら返り)
痛むところに4〜5回塗る。5〜6敵飲むことも忘れずに!

◆花粉症
鼻が詰まる 垂れる時は、綿棒でたっぷり鼻の中を湿らす。

・美容関係

◆入浴時にお風呂に10滴ほど落として入浴。
お湯がまろやかになり心身ともに癒されます。お風呂上り後は、いつまでも体がポカポカし、湯冷めしにくくなります。お湯の汚れも少なくなります。
冷え性の人はさらに1時間おきに4〜5敵飲むようにすれば効果倍増です!

◆洗髪時にシャンプーに混ぜて使用
気ジェルバランスαを1に対してシャンプー5の割合で混合。泡がしっとり気持ちがとても良く、かゆみも軽減。

◆洗顔時に
洗顔石鹸・クリームなどに1〜2滴混ぜて使うとお肌の負担も軽くなります。化粧水として 使うとお肌がしっとりします。乳液やクリームに混ぜて使うと伸びがよくなりソフトでまろやかな使い心地になります。

◆シワ・シミ・タルミの気になる方
気になる所にたっぷりと塗り・乾き・また塗りを4〜5回程度繰り返す。リンパマッサージに活用すると輪郭が引き締まり、小顔に。ジェルを塗布後顔が突っ張るようであれば再度顔をなでるともどります。顔のむくみ・くすみも顔色が一段と白美しくなります。

◆ニキビ・吹き出物
4〜5適を1時間おきに飲む。そのつど炎症、デキモノの場所に優しく膜を張るように乾いては塗りを4〜5回繰り返す。

・生活環境関係

◆スポーツ 関係
スポーツの開始前、筋肉に塗りこむ。乾いたらまた塗るを4回程度繰り返す。
筋肉がほぐれ、パワーアップ効果!運動後の風呂上りに、全身ローションとして塗ると疲労解消度がアップ。

◆疲れ 疲労感
仕事で疲れたとき 頭のてっぺん(百会)にまず塗り、全身の気になる箇所に塗る。

・趣味・その他

◆動物飼育関係
犬・猫・鳥等の餌(フード)や水に2〜3適入れる。毛並みがつややかになり病気予防にもなる。特にジェルをシャンプーに混ぜて使うと効果大!アトピー犬には特に効果が見られる。

◆カラオケマニアに朗報!
歌う前に喉に塗る。同時に飲み物にも4〜5滴入れて飲むと声がいつもよりよく出る。 特に高音が出やすくなり、何曲歌っても疲労が少ない。

◆生け花・盆栽
水に2〜3滴入れる。 長持ちします。

■スプレー活用法

①部屋の空気が悪く重苦しいときや色々な人がいるとき、スプレーすると快適空間が得られる。

②外食・コンビニ弁当はスプレーしてから食べる。添加物・化学物質の悪い波動を修整してくれる。

③車に乗る前に車内にスプレーし、自分も飲む。落ち着いて運転でき事故防止。

④マスクの中のガーゼに少し沁み込ませると鼻のムズムズが緩和できる。

※スプレイヤーを使用する時はする時は、用途に応じて大きさを調整して下さい。
又、水は[水道水] は避けてミネラル水や、精製水、など購入したものをご使用下さい。気ジェルバランスαの目安は3〜5滴で容器の容量により適量加減して下さい。

測定してみました!!

飲んですぐに何かを感じるのはかなり個人差があります。
でも、痛い箇所につける際は すぐに楽になるのは分かるかと思います。 手の平のツボに5滴つけ、摩擦をせずにツボに入れ込み測定してみると!!

GON美容室は美容に癒しを取り入れ、心と体とヘアスタイルも美しくなれるよう総合的な美を追求します。

また、お肌に問題を抱えていらっしゃる方やアトピー(アレルギー)の方にも安全・安心にオシャレを楽しんでいただけるように日々研究を重ねています。

お問合せ