パーマやカラーは髪が細くなる? - 神戸のGON美容室は、アレルギー(アトピー)、頭皮に優しい美容室

アレルギー(アトピー)、頭皮に優しい美容室GON美容室GON美容室のお勧めアイテム! 》パーマやカラーは髪が細くなる?

パーマやカラーは髪が細くなる?

11/08/12

GON通信より 抜粋記事

GON美容室に初めて来られたお客さまから、こんな話を良く聞きます。

“前に行ってた美容室にずっと行ってたせいで髪が細くなった、薄くなった…”と。

これって皆様どういう事だと思います?

この現象は実際に大いにありえる話であり、パーマ カラーなど薬剤知識を
持ってる方はすぐに分かると思いますが、実際カラーやパーマの薬剤は
髪や頭皮にダメージを与えるので髪が細くなって当然です。
(GON美容室ではなりにくいようにしています。)

実際にパーマの2液でゴキブリが死んだり、カラーの2液で、手はフヤけて白く皮がめくれてしまいます。

でも でも 忘れてならない重要なことがあります。

それは「お客様も毎年歳をとる」っていう事実です。

特に更年期前後、最中の方は、(40~60代) 髪質がガラリと

“極端に”

変わってしまいます。

“えー!そんな事ないわよ!!今まで私は髪が多く 太かったのにっ~。

絶対にパーマとカラーのせいよ!!”というお客様に簡単にご説明させて頂きますね。

更年期については良くお話しますが、今や、更年期的症状は20代からあります。

これは生理が止まってしまうことのみを指すのではなく、更年期と同じ症状って
言う事です。

産前、産後、ストレスや食生活によるホルモンバランス異常。

そうなってくると髪は細くなり、パーマもかなりあたりにくくなります。

この時期、ホルモンのバランスで極端に髪が細くなってしまいますので頭皮のケア
(育毛剤)とシャンプー剤にも充分に気をつけていただくことは必要不可欠です。

もちろんホルモンバランスの影響を受けない方もいます。

また、パーマやカラーで毛が細くなるのも正直に言って事実です。

よって GON美容室では、頭皮や髪に負担が一切かからないようにヘナカラー
(草木染め)や コスメティックパーマ(化粧品パーマ)を施術させて頂いてます。

ヘナは今や人気のあるカラーで、通常のカラー剤でカラーすると髪を細くなってしまいます。

それに対してヘナカラーは、髪表面のたんぱく質に吸着するので髪はだんだんと
太くなっていきます。

コスメティックパーマはビタミン剤の一種で構成されており、通常のパーマ液とは一切異なり、髪のキューティクルを開けることなしに、パーマがかけれます。
(GON美容室では、皮膚の弱い方、アトピーの方に使用します)

で 結果的にどうなんだ?って申しますと、通常のカラーやパーマは 髪が細くなったり、薄くなる可能性が大いにあるってことです。

でも 忘れてならないのは 更年 期症状前後、最中のお客さまは、

”ご自身の髪を作る力もなくなってる”って事実です。

10代、20代の時はどんな安物のシャンプー、化粧品を使おうと、どんなカラーや
パーマをしようと、皮膚や細胞の活性化も早く、再生能力があるって分けです。

良く聞く話ですが、平均すると10代で自分にかける化粧品やシャンプー類、
美容室代などは、1万円。20代で2万。30代で3万円。40代で4万円、50代で5万円。60代で6万円です。

ようするに年を取るごとに、『美』を持続させようって思うと使う商品や施術方法をランクを上げていかないと『美』は持続できなっいてわけです。

なんでかって? 年を取るごとに再生能力は落ちていくって自然の摂理がこの世にはあるからです。

ちょと横道にそれてしまいました。(^_^;) 

最終的にお伝えしたいことは、通常の美容室でしてるカラーやパーマとは違い、
GON美容室でのヘナやコスメティックパーマで、基本的には髪が細くなる要素は、
薬剤的にはございません。ご安心くださいませ。

GON美容室は美容に癒しを取り入れ、心と体とヘアスタイルも美しくなれるよう総合的な美を追求します。

また、お肌に問題を抱えていらっしゃる方やアトピー(アレルギー)の方にも安全・安心にオシャレを楽しんでいただけるように日々研究を重ねています。

お問合せ